主なアニメ作品

 

犬夜叉(日暮かごめ) 

ヒロイン サイボーグ009(003フランソワーズ)

プラネテス(田名部愛)ヒロイン

フルメタル・パニック!(千鳥かなめ) 

ヒロイン 宇宙交響詩メーテル(メーテル)主役

銀魂(志村妙)

聖闘士星矢Ω(ユナ)

トライガン(ミリィ・トンプソン)

ガン×ソード(ユキコ・スティーブンス)

〈物語〉シリーズ(臥煙伊豆湖)

境界のRINNE(魂子)

ワンピース(コアラ)          

etc.

 

ナレーション

TBS 女神の天秤

Eテレ かんじるさんすう1・2・3

スカパー旅チャンネル「女子キャンプ」

フジテレビ DJモノフェスタ

ファミリーマート「ありがとうの手紙コンテスト」

                           etc.

【募集登場人物】

 

◎ネコ
明治時代から平成の現在に生まれ変わった猫。

生まれて間もなく捨てられ、リルに拾われる。

名前は「ネコ」と名付けられた。
前世の記憶があり、明治時代に生きていたので、子猫ではあるがどことなく凛としていて、自分のことを「吾輩」と言う。
また、明治時代は文明開化の時であったので、好奇心が旺盛で、その好奇心が、富野家に愉快な珍事を巻き起こす。
人間やネコ、誰よりも長く生きているはずですので自分とその他の関係に関しては基本少し年上からの物言いでお願いしたいです。
少し偉そうではあるが基本的には丁寧な物腰で周りが年下であると言うだけ。
精神年齢はだいたい40歳くらいで止まっている様な感じ。
 

◎富野リル (とみの):中学教諭 24才
学校では英語を教えている。

富野家は裕福な家庭で、リルはお嬢様であるが、偉ぶった所は無く、「人生は自分の力で切り開いて行くものだ」という信念を
持っている。
それは、祖母からの教えであり、リルは祖母を尊敬している。
リルは、芯が強くへこたれない、真っ直ぐな性格。友人に愚痴をこぼしたりもするが、基本的には、人に自分の弱さを見せたがらない。
ネコは、リルのそんな性格に、どことなく明治時代の人の気質を感じ、親しみを覚える。
生徒たちも、真っ直ぐなリルの性格に魅力を感じている。
しかし、真っ直ぐな性格が災いして、彼氏とケンカになり、フラれてしまう。

 

◎富野福蔵(とみの・ふくぞう)貿易商 リルの父 婿養子

家族のことは好きだが、遠くからしか関われない。

長年、仕事に没頭しすぎていて家族の中への入りかたがわかっていない。
仕事で上海へ行くことが多い。史恵と結婚した直後も上海へ出張していて、福蔵が上海から帰って来て間もなく文江が妊娠し出産した。
リルの名前は、富野家の財を一代で築いたタケの亡き夫が、昭和50年代に流行った「上海帰りのリル」という歌が好きだったことから、名付けられた。
パーティなど行事にはなるべく参加するが、眺めているだけ。
かまって欲しいが、それはそれで満足している様子。

 

◎富義史恵(とみの・ふみえ)主婦 リルの母
人と関わるのが好き、昔からお金持ちで、多くの横柄な態度に悪気がない。
しかし、面倒見はよく投資や寄付など自分の気に入った人間や会社にはすぐにお金を出す。
多くの人をパーティに呼び会話をしているため人と人を繋げることがうまい。
行動はパーティを盛り上げるため。

 

◎富義タケ(とみの・たけ)リルの祖母
前世は猫で、100回目の生まれ変わりで人間になった。リルの名を名付けたのはタケ。
リルの「へこたれない性格」は自分の亡き夫譲りだと感じている。
リルは自分の名前の由来を人に話したくないが、祖母であるタケのことを敬愛している。
タケは、亡き夫と苦労して財を築いた。
裕福になった後も、金の亡者となることなく、自分の名前、「とみのたけ」から「と」を取ると「みのたけ=身の丈」となるから、人として身の丈に合った清楚な生活をすることが信念である。前世が猫だったので、猫と会話ができる。

 

◎倫太郎(りんたろう) 執事
◎多香子(たかこ) メイド
◎美田子(みたこ) メイド
◎ニーナ 猫
◎ポンタ 猫
◎風神 猫

◎雷神 猫
◎巧(たくみ) リルの元カレ
◎パーティ客たち 個性豊かな面々