TAU ActorsPromotion

2016年舞台公演オーディション

映画・舞台集団 TAUアクターズプロモーション

広くてすてきな

宇宙じゃないか

作品あらすじ

主題歌『銀河を越えて』一握の砂に決定!!

アンドロイドの民間利用が始まった時代。
母親を亡くした柿本家にアンドロイドのおばあちゃんがやってくる。
何でもできてしまうおばあちゃんにみんなはびっくり。しかし、末娘のクリコだけは、どうしてもおばあちゃんと口を聞こうとしない。
1ヶ月後、おばあちゃんを家から追い出すために、クリコはある決意をする・・・

水平線

 歩き方

作品あらすじ

岡崎幸一は35歳。社会人ラグビーの選手。
ある夜、幸一が酔っ払って帰宅すると、部屋の中に女がいた。
彼女はアサミと名乗った。
それは、幸一が小学6年の時に病気で亡くなった母だった。
「本当?本当に母さんなの?」
「そうよ。久しぶりだね、幸一。」
二人で暮らした日々が鮮やかに蘇る。

公演期間

2016年8月17日~25日(内3~4日間公演)

稽古期間

6月/週1~2回

7月/週3~4回

8月/週3~4回

(平日は夜、休日は昼または夜)

募集内容

舞台出演俳優

募集役柄

 

-広くてすてきな宇宙じゃないか-

 

主人公(40〜65歳)
末娘(16〜30歳)
長女(16〜30歳)
長男(16〜30歳)
父(30〜50歳)
アンドロイド(16〜65歳)
アナウンサー(20〜50歳)
リポーター(20〜30歳)


-水平線の歩き方-

 

主人公(25〜40歳)
母(30〜45歳)
義理母(30〜50歳)
義理父(30〜50歳)
義理弟(16〜25歳)
同僚(25〜40歳)
主治医(25〜40歳)

応募資格

中学卒業16歳以上で、65歳以下の健康な人。

学歴・経験は問いません。

審査基準

演技が大好きな方。

一緒にやって楽しそうな方。

キャラメルボックスをご存知の方。

TAUに新しい夢を与えてくれそうな人。

公演作品

  • 広くてすてきな宇宙じゃないか

  • 水平線の歩き方

(キャラメルボックスの2作品)

Please reload

応募締め切り

2016年5月31日(火)

第一次審査

応募フォーむから送信されたプロフィール審査

最終審査

面接・実技審査

  • 出演オーディション

6/4(土) 9:00~17:00 全体稽古
6/5(日) 9:00~17:00 全体稽古

  • 配役決めオーディション

6/8(水) 18:00~21:00 全員

※スケジュールが合わない方は事前にお知らせ下さい。

※稽古場は新小岩を予定しております。

Please reload

TAU ActorsPromotion

映画・舞台集団 TAUアクターズプロモーションのご紹介

TAUは映画も舞台も役者中心で製作しております。

TAUでは、代表の槌谷和己が中心となって2014年に立ち上がった映画製作と舞台製作を役者を中心として展開していく為の役者活動支援を目的としたチームです。

立ち上げ以降、『どんな場所でも舞台を創る』や、『音楽PVを映画にしてしまう』などの斬新な企画を次々と成功させ、その都度関わった役者達にその後の活動に大きな影響を与えて来ております。

舞台公演プロジェクトも夢は壮大に!!

2016年TAUでは、国内トップクラスの老舗劇団である『キャラメルボックス』の作品公演を中心として、舞台公演プロジェクトをスタートしました!

夢は壮大に、公演する度に劇場を大きくしていくプロジェクトです。

そんなチームのメンバーとして一緒に楽しく夢を叶えていきたいと思っています。

映画も舞台もとにかく役者が中心でありたい。

そう思って日々頑張っております。

Please reload

代表 槌谷和己(演出・監督)

2016年夏公演に引き続き、キャラメルボックスの超人気作品を二本上演します。

今回は動員数1000人以上を目指します。

この二作品はキャラメルボックスがツアーで総動員数6万人という爆発的人気のきっかけとなった作品で、スピーディーな展開でお客さんを飽きさせることなく話が進んでいき、若い女の子がパワフルに活躍するお話となっています。

 

・代表プロフィール

早稲田大学卒業後、演劇集団キャラメルボックスにて演技及び演出を学ぶ。

その後JAT(日本タレント協会)に俳優、演出家として所属。

神田裕司監督の下、映像演出並びに監督業を学び、新人ながらもその才能を認められ『HOT SPOT』で助監督として抜擢される。

また同シリーズの作品では主演としても出演し、20代ながら幅広い活躍を遂げる。

2014年、初めての舞台演出として、キャラメルボックスの名作『水平線の歩き方』を成功させ、同作品で主演も務めた。

その後精力的な活動の下、5作品の演出・主演を務め、演劇界において新人演出家として知名度を広めていく。

2015年には監督デビュー作となるアイドルグループ「Kiss Bee」をヒロインとした短編映画『恋便り』を始め3作品を完成させる。

2016年、『水平線の歩き方』、『広くて素敵な宇宙じゃないか』の2作品連続公演を行い、元AKB48の大江朝美さんを起用

わずか1週間の興行で900人以上の観客動員数を誇り、実力ともに成果をあげる。

Please reload

Copyright 2009 一般社団法人日本タレント協会. All Rights Reserved.