• Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page
  • Instagram Social Icon
  • Googleプレイスソーシャルアイコン
  • YouTube Social  Icon
  • Yelp Social Icon

 

第1弾作品「銀河鉄道の夜」~彼女は星を見上げ、ここにいない彼を想う~完成リリース決定につき、

銀河鉄道ドラマCD企画第2弾 声優オーディション

 ​星見の丘に立つひとりの少女。美しい星空を見上げながら、
                     彼女は途方に暮れていた。

 

――ここは、どこだろう?

 

――どうして、私はここにいるんだろう?

 

――そして…

 

――私は、誰?

 

話は数ヶ月前に遡る。

 

病院で目覚めた彼女は記憶を失っていた。目の前で心配そうに彼女を覗き込む青年にも見覚えはない。

しかし、彼は彼女の恋人らしい。

小さい頃からお隣同士のふたりが、幼馴染からステップアップしたのは、1年前のことだと。

 

彼は言う。

 

「キミは忘れてるかもしれないけど、僕たちはずっと一緒にいたんだよ。小さい頃からずっと。だから、これからもずっと一

緒だよ。心配しなくていいよ。いつも隣りにいるからね」

 

彼女は思う。

 

(たしかに私は、誰かを愛していた…ような気がする。けれどそれは、本当にこの人…なの?)

入院中、毎日見舞いに訪れ、彼女に寄り添っていた彼は、退院後も彼女から離れることはなかった。そして、ふたりの想い出

の場所をめぐりながら、過去の出来事を彼女に語って聞かせた。

彼女の頭の中に浮かんでは消える記憶のカケラ。けれど、彼の語るそれに、彼女はなぜか違和感を覚えてしまう。そう、ちょ

うどボタンをひとつ掛け違えたような、些細だけれど決定的な違和感を。

 

そして彼女は、気がつけばひとり、星見の丘に立っていた。

 

ここはどこなのか。なぜ、この場所にひとりでいるのか。わからぬまま佇む彼女の耳に、遠くで響く汽笛が聞こえてくる。続

いて聞こえてきた「宇宙ステーション、宇宙ステーション」のアナウンス。

 

いきなり目の前の景色が変わり、彼女は不思議な列車に乗り込んでいた。

 

そして、目の前には見知らぬ青年が。

事故に遭って以来、ずっと彼女に寄り添っていた彼とは別のその人もまた、彼女の恋人だと名乗った。

不思議な列車は、彼女と彼の想い出をなぞるように星々を巡り、まったく違う記憶を紡ぎ出していく。

 
どちらが本当なのか。

 

わからないまま不思議な列車の度は続き、やがて、終点へ。そこで、あの日の事故の真実が解き明かされていく。

これは、記憶を失くした彼女と、想い出に寄り添う彼と、不思議な列車で星々をめぐる彼の物語。

第1弾作品試聴

「銀河鉄道の夜」~彼女は星を見上げ、ここにいない彼を想う~

  • (前編サンプル)銀河鉄道の夜〜彼女は星を見上げ、ここにいない彼を想う〜
  • -
  • GINGA CREW
00:00 / 00:00

第1弾主題歌:銀河を超えて | 一握の砂

新しいジャンルを現世に唱える音楽ユニット。「一握の砂」 Biography 過去の文豪達の言葉を現代の解釈で 皆様の心に音楽を通して伝えています。 朗読: 佐伯由布紀 歌: P.B.maa ラップ:MC CHIN

  • 銀河を超えて
  • -
  • 一握の砂
00:00 / 00:00

プロデューサーから、

応募される方へ

第1弾企画を振り返って

 

昨年の第1弾企画「銀河鉄道の夜」~彼女は星を見上げ、ここにいない彼を想う~

この作品の声優オーディションに見事合格したメンバー達は、この一年間「銀河クルー」として共に作品作りを行ってまいりました。

 

クルーのほとんどは将来有望な新人声優

 

つまりは、芝居の幅も経験値と比例していました。

ですが、「銀河クルー」として昨年春にスタートして以降脚本が完成するまでの期間中、

私たちJVP(JAT VOICE PRODUCTION)が主催している様々なプロジェクトに参加した事がきっかけで、クルー個々の経験値が一気に上がりました。

 

結果的に前作はクルーだけで完成させる事に・・・

 

昨年この企画が誕生した時点では、少しでも知名度のある方をゲストに迎えてと考えておりましたが、内定していた出演者のスケジュールがとにかく合わずの困難な状況が続きました。

このままではヒロインを決めることが難しい・・・

しかし、昨年秋ごろの本番収録時にはクルーのスキルが大きく成長し個性が明確化されたことで、外れのない配役を行う事が出来たのです。

 

監修・演出 宮崎一成氏の存在

 

しかしそれだけでは良い音声を録る事は出来ません。

やはり何と言っても監修・演出のベテラン声優 宮崎一成氏の情熱的な演出があってこそ、クルーがハートで演じる事を体現出来たのです。 

 

200時間以上にも及ぶ編集作業
 

熱い本番収録を終えた後、私たちには編集作業、商品化に至るまでの工程という膨大なミッションがあります。スタッフ陣みんなが多忙な中、時間を見つけては集まり、編集作業を行ってまいりました。時には深夜に集まる事も・・・

 

終わってみれば全29話3部作(前編・中編・後編)に・・・

 

完成目標は昨年内でした。しかし思うようにスケジュールが取れず、結果的にこの長い長い編集作業が終了した日は、2017年2月14日のバレンタインデーからの明け方でした。

その頃の私たちは、作業すればするほど作品や出演者やキャラクターに対しての愛情が育っていきました。

 

銀河鉄道ボイスドラマのシリーズ化を決定!!
 

まだリリースもしていない、どれだけ売れるかもわからない。

しかし私たちにとってもはやこの作品は宝物になってしまったのです。

私たちは実感してしまったのです。

多くの方がご存知であるこの「銀河鉄道」を新たな世界観で表現していく事へのやりがいを。

そしてその先にあるメジャー化への道筋がイメージ出来てしまうのです。

そこで私たちはシリーズ化を決定しました!

そしてこの「銀河クルー」新規メンバーのオーディションをここに再開させていただきました。

 

作品と共にメジャーになっていく

 

私たちJVPは、作品作りと共に声優をプロモーションする事に特化してこれまで活動を行ってまいりました。何故ならまだ無名の新人声優にとって、作品との出会いこそ最も重要な事であると信じているからです。今有名な声優さんも皆さん決まって出世作があります。しかしその出世作に出会うまで沢山のきっかけ作を経験してきている方が殆どです。

私たちJVPが作る作品にはまだ出世作ほどの力はありませんが、きっかけ作には現時点でも十分になり得ると自負しております。そして近い将来、出世作と呼ばれるようになる為の活動を続けてまいります。

 

すでに漫画化、舞台化(朗読劇)の企画も

 

前作各部のあらすじをまずは漫画化しました。これはコミック動画等に活用し、商品のプロモーションに活用、宣伝チラシにも活用します。

そして「銀河クルー」による朗読劇の企画も立ち上がってまいりました!まだ未定ですが、お客様と生で感動を共有できる日が近づいている事は確かです!

アニメ化、映画かについてはこれからのプロモーション次第ですね。私たちの活動が広く知られるようになる事で話が舞い込んでくる事は明白です。

 

第2期「銀河クルー」新規メンバーオーディションに是非ご応募ください

 

この度、第2弾制作を企画に伴い「銀河クルー」の新規メンバーのオーディションを行います。

経験がまだ少ない方でも応募可能です。ほぼ未経験でも声の特徴を活かした新たなキャラクターを誕生させる事も優先的に行っておりますのでハズレ役が存在しない構成となっております。 

年齢(現在最年長クルーは50歳)、声質は気にせずご応募下さい。 

作品監修・演出

声優・宮崎一成
 
 
広島県広島市安佐南区出身。
TABプロダクション所属。
代表作は、『はだしのゲン』の中岡元役、『あずきちゃん』の小笠原勇之助役、『学園戦記ムリョウ』の統原無量役、『天使になるもんっ!』の鴨下祐介役など。
第一線で活躍中の声優とバラエティトーク!

毎月第2 第4土曜日15:00〜 

 

MC:石田夕理(JAT MANAGEMENT)

プロデューサー:中井亮太郎(JAT 代表理事)

放送網:渋谷クロスFM

制作:JAT VOICE PRODUCTION

提供:JAT[一般社団法人日本タレント協会]

応募資格

★年齢・性別

★経験

★事務所所属

Please reload

選考方法

★一次審査

★二次審査

Please reload

合格後の流れ

★稽古期間

★本番収録

★作品完成

Please reload

 ドラマCD『銀河鉄道の夜』制作チーム

 

◆企画運営管理 

JAT[一般社団法人日本タレント協会]

◆プロデューサー 

中井亮太郎

◆脚本 

いとうかよこ

◆イラスト 

ひよのみかん

◆主題歌

未定

◆監修・演出 

宮崎一成

◆制作  

JAT VOICE PRODUCTION 

 
Copyright (c) 2017.2. JVP All Rights Reserved
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page
  • Instagram Social Icon
  • Googleプレイスソーシャルアイコン
  • YouTube Social  Icon
  • Yelp Social Icon