教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督
教祖の作法~HOTSPOT~死体のある生活/JFP神田裕司監督

監督/神田裕司 YujiKanda

 

10代でミュージカルの主演等俳優としてキャリアを詰んだ後、高校時代に国内最大の自主映画コンペティションで監督作品が2年連続最年少入選。20歳で映画主演デビュー。

しばらくエンタテインメント業界を離れた後、32歳でプロデューサー&プランナーとして映画業界に復帰。

世界を代表する巨匠、鈴木清順監督に10年以上師事した。

『ピストルオペラ』(鈴木清順監督)、『蟲師』(大友克洋監督)でヴェネチア、

『オペレッタ狸御殿』(鈴木清順監督)でカンヌのレッドカーペットを正式に歩き、『幸福の鐘』(SUBU監督)でベルリンのNETPACアジア最高賞を得ている。世界3大映画祭全てを経験している。

 

「The Story Teller’s Apprentice

(2013)で監督デビュー。

第五回したまちコメディ映画祭のメイン招待作品オープニング映画としてレッドカーペットを歩く。

映画雑誌の初日満足度ランキングでは、数ある大作を抑え、第一位を獲得。

2015年は、監督2作品目「Reason of Life」(主演:コリン・チョウ(マトリックス、他))編集中であり、また、この作品「教祖の作法」を含む短編映画4作品(オムニバス長編映画(監督3作品目))の制作中。

 

-Profile (Mini Bio) of Director Kanda

When the director Yuji Kanda, was teenager, he got his first breakthrough as musical leading actor. During he was attending high school, his directed independent movies won for Japanese largest movie festival for the second consecutive years.

When he starred in movie, he was twenty years old.

Kanda left entertainment business for a while, and when he came back to business as producer and planner, he was 32 years old.

Yuji Kanda studied over ten years under the movie director Seijun Suzuki, who is admired not only in Japan but throughout the world.

 

Yuji Kanda serves as planner and producer on “Pisutoru Opera” (2001), “Operetta Tanuki Goten” (2005) for director of Seijun Suzuki, who won FIPRESCI Prize in Brisbane International Film Festival, and also Operetta Tanuki Goten was selected as one of the special entries to the Cannes International Film Festival.

Kanda produced “Mushishi” (2006) for director of Katsuhiro Otomo, who nominated Golden Lion, Venice Film Festival.

In addition, Yuji Kanda produced on “Kofuku No Kane” (2002) for director of SABU. Kofuku No Kane won NETPAC Award, Berlin International Film Festival.

Yuji Kanda experienced world’s three influential film festivals as producer.

 

Kanda’s directorial debut, The Story Teller’s Apprentice (2013) won first prize in the movie magazine research of First Day Customer Satisfaction Ranking and there were several huge movies.

The Story Teller’s Apprentice was selected as opening film of the special entries to the Fifth Shitamachi Comedy Film Festival.

 

In 2015, Kanda is editing his second directed film Reason of Life, starring Collin Chou. At same time, he is directing his third movie, include a short film How to Make a Guru, which will be one of the omnibus film of HOT SPOT (2016).

Please reload